HEIANGAKUSHA
The Society of Japanese Ancient Court Dance and Music



神奈川県動物愛護協会支援チャリティー
平安楽舎雅楽公演「源氏物語 柳花苑の舞」


松浦文生/写真家・撮影

 現在、宮内庁においては女性が雅楽を演奏・演舞することは出来ません。しかし、平安時代の『年中行事絵巻』には、宮中において女性が演奏し女性が「柳花苑」を舞っているところが描かれています。この公演は、そのような場面を意識して企画しました。
 さて、公益財団法人・神奈川県動物愛護協会は動物愛護精神の持つ生命尊重や友愛など、互いへの思いやりや甘受する心を広く県民に普及し、平和で健全な社会の発展に寄与することを目的に設立されました。協会では常時70頭の飼い主のいない動物を保護し、里親を探す活動をしています。運営には保護した犬猫の餌代・医療費など多くの資金が必要になります。また施設は築60年を迎え、老朽化が進み資金を貯めて少しずつ修繕を進めております。
 このチャリティーコンサートは、飼い主のいない不幸な動物たちに幸せな暮らしができるよう支援することを目的として開催します。

・開催日時  2019年11月30日(土)
         開場 午後7時
         開演 午後7時30分
・開催場所  戸塚区民文化センター さくらプラザ ホール(4階)
       横浜市戸塚区戸塚町16-17(JR・横浜市営地下鉄「戸塚駅」西口 徒歩2分/直結連絡通路)
       (下のマップをクリック)
      
・演目
第一部 二重奏
 第二十四帖「胡蝶」より「船楽、夜もすがら催される」の段
  黄鐘調 喜春楽入破
 第二十四帖「胡蝶」より「紫の上と中宮和歌を贈答」の段
  高麗調 胡蝶楽破
 第二十五帖「蛍」より「六条院馬場殿の騎射」の段
  大食調 打毬楽
 第四十四帖「竹河」より「正月、男踏歌、冷泉院に回る」の段
  水調 竹河(拾翠楽序)
 第四十六帖「椎本」より「薫、迎えに八の宮邸に来る」の段
  高麗調 酣醉楽破
第二部 管絃舞楽
 第八帖「花宴」より「二月二十余日、紫宸殿の桜花の宴」の段
  双調 柳花苑
   調子、音取、当曲、入調
・出演
 朗読
  田本木綿子
 二重奏
  龍笛、高麗笛/長谷川景光。楽琵琶/佐野龍子。
 管絃舞楽
  舞/濵田理恵、櫻井しのぶ。龍笛/長谷川景光、大沢真由美。鳳笙/常法寺美和、佐野龍子。大篳篥/田代正之、山下幸治。楽琵琶/松下明宏。
  楽箏/米澤茉莉佳。鞨鼓/信國萌。楽太鼓/矢野。鉦鼓/横山哲也。
・主催 平安楽舎
・後援 公益財団法人・神奈川県動物愛護協会
・入場料  1,500円(全席自由)
※捨てられたり傷ついたりしている動物たちを救うために募金活動を行います。会場使用料を除く入場料収入及び募金の全額を協会に寄付いたします。
【チケットのお電話予約】平安楽舎事務局 ℡045-542-0702
【チケットのメール予約】平安楽舎事務局  メール  
【チケットのネット予約】下の「TICKET-MAIL」をクリックしてご予約下さい。
 チケットのご予約を締め切りました。当日券をお求め下さい。


「試楽会」


清水敦子/撮影

開催日時 2019年11月23日(土)
開催場所 三渓園旧燈明寺本堂(横浜市中区三之谷58-1)
主  催 平安楽舎





Copyright (C) 1999 HEIANGAKUSHA/The Society of Japanese Ancient Court Music and Dance All Rights Reserved.


公演情報